労務管理、社会保険に関する専門的なアドバイスをいたします
infomation/News
  • HOME »
  • infomation/News »
  • コラム

コラム

労働時間の発想転換、長時間労働は働き者として称えられていたが今は会社の姿勢に?が付く

36協定の特別条項規定で事実上無制限であった労働時間上限が、定められました。限度時間 月45時間(変形労働制42時間)年360時間(変形労働時間制320時間)を超えて労働させることのできるのは、年6回までで、月100時間 …

平成30年4月からの労働社会保険法令の改正

  労働保険関係 労災保険料率の改訂 引上げ3業種(硝子セメント製造業、非鉄金属精錬業、清掃・火葬又はと畜業) 引下げ20業種(建設事業、既設建築物設備工事業、繊維工業又は繊維製品製造業 機械器具製造業他)据置 …

天災は忘れないうちにやってくる、人災は意識・無意識に犯してしまうミスで起こる

最近の天災は、九州の地震、中国、四国、北海道の地震、台風等の大雨による河川の決壊、立て続けて、前の災害が 忘れないうちに襲ってきており、(昔の諺としては天災は忘れたころにやってくるですが)まだ東日本大震災の復興 半ばの地 …

使用者にによる計画的年休制度の意義、雇用形態による不合理な待遇差の解消と説明責任

平成22年に閣議決定された年休の取得率目標は平成30年で70%とされていたが50%を切る水準で推移しており 10日以上の年休が付与されている労働者に対し年5日の年次有給休暇の確実な取得を使用者が時季を指定して取得させなけ …

生産性向上のための労務管理

労働生産性=付加価値/労働者数×労働時間(労働投入量) 付加価値=売上高-外部調達費(材料費、外注費、仕入原価) 時間当たり、1人当たりの生産性を上げる工夫をしていくことで 最近まで外部調達費はデフレ傾向であったため低く …

時間外、休日労働の罰則付き上限規制、割増賃金の見直し、5日の年次有給休暇の確実な取得等

※労基法の大幅改定 1)時間外労働の限度を原則月45時間かつ年360時間とし、特例として月100時間(休日労働を含む)未満、複数月 2~6ヶ月平均で80時間以内かつ年720時間とするこれらの法違反には罰則が科せられる。 …

成年後見制度

最近特にマスコミ等で見聞きするようになってきた制度名ですが、超高齢化に伴い日常生活のなかで正常な判断ができなくなってきたり 若い人でもそのような状態にある人たちをサポートする制度です。判断能力の差で補助人。保佐人、後見人 …

人事労務におけるトラブル 

労働契約形式的には、受け入れ企業と派遣企業との業務請負契約に基づいて社外労働者が社外労働者が受け入れ企業に労働力を提供していても、社外労働者と受け入れ企業との間に黙示の労働契約が成立していると認められた判例があり、当該労 …

「働き方改革」に向けた労働基準法等の改正の概要

長時間労働の抑制・年次有給有給休暇取得の促進 中小企業における月60時間超の時間外労働に対する割増賃金の見直し28年4月から月60時間を超える時間外労働に係る割増率(50%以上)について中小企業への猶予措置が採られていた …

超高齢者社会の現状と未来 

男性 女性 平均寿命 2016年 80.98歳 87.14歳 健康寿命 2013年 71.19歳 74.21歳 差(要手助け、介護) 9.02年     12.4年 長寿  アンイコール  ハッピィー ​ 認知症の不安( …

1 2 »
PAGETOP
Copyright © 関口労務管理事務所 All Rights Reserved.