労務管理、社会保険に関する専門的なアドバイスをいたします
infomation/News
  • HOME »
  • infomation/News »
  • sekiguchi

sekiguchi

平成31年4月以降労働社会保険関係法令の改訂予定

1・年次有給休暇の年5日の時季指定付与義務 10日以上付与している労働者に、年5日の年休を時季指定して付与ししなければならない  年次有給休暇管理簿の作成義務(取得した時季・取得した日数・ 取得する権利を与えられた基準日 …

長時間労働削減に向けて年次有給休暇計画的付与制度の導入

平成28年労働者1人当たり平均年休取得状況 付与日(繰越日数除く)18.1日 ➡ 取得8.8日 取得率 48.7%(大企業54.7% 中小企業43.7%) 先進国では、有給休暇は当然の権利としてほとんど消化されている 年 …

驚がく的超高齢者社会

超高齢者社会の現状 2018年9月 確定値総人口 1億2641万人前年同月比26万1千人減 (総務省人口推計値2月報) 年齢層別構成比  15歳未満   1543万人(12.2%%) 17万7千人減 16歳~64歳 75 …

本格化する外国人労働者の導入を前にして

いよいよ、企業の特に中小企業の人手不足は深刻になっており 新たに在留資格として特定技能1号、特定技能2号という資格で特定産業分野 (介護、ビルクリーニング、素形材産業 電気・電子情報関連産業、建設、造船・船用工業、航空、 …

36協定届書式変更

特別条項の限度時間において従来は、理論上空天井であったが1ヶ月で時間外労働は休日出勤を含め100時間未満、(6回以内)これをクリアーしていても2~6ヶ月で平均80時間以内でなければなりません1年間で時間外労働のみで720 …

人手不足の特効薬となるか、外国人労働者導入拡大

歴史的にほとんど単民族国家として成り立ってきていた日本においては、国際化社会といわれてまだ年月が経ておらず、世界を視野に入れて活動している 企業も数多くなってきているとはいえ、大都市圏の中堅規模以上においては多国籍人材を …

働き方改革とともに社会環境の大変化

24時間頑張れますか?のコマーシャルの流行った事がまだ頭の片隅に残っている昨今、いつの間にか新聞の月1回休刊になって慣れされてきましたが 24時間営業・年中無休のシンボルであるコンビニも、北海道を中心拠点のコンビニ業者で …

労働時間の発想転換、長時間労働は働き者として称えられていたが今は会社の姿勢に?が付く

36協定の特別条項規定で事実上無制限であった労働時間上限が、定められました。限度時間 月45時間(変形労働制42時間)年360時間(変形労働時間制320時間)を超えて労働させることのできるのは、年6回までで、月100時間 …

平成30年4月からの労働社会保険法令の改正

  労働保険関係 労災保険料率の改訂 引上げ3業種(硝子セメント製造業、非鉄金属精錬業、清掃・火葬又はと畜業) 引下げ20業種(建設事業、既設建築物設備工事業、繊維工業又は繊維製品製造業 機械器具製造業他)据置 …

天災は忘れないうちにやってくる、人災は意識・無意識に犯してしまうミスで起こる

最近の天災は、九州の地震、中国、四国、北海道の地震、台風等の大雨による河川の決壊、立て続けて、前の災害が 忘れないうちに襲ってきており、(昔の諺としては天災は忘れたころにやってくるですが)まだ東日本大震災の復興 半ばの地 …

« 1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 関口労務管理事務所 All Rights Reserved.