労務管理、社会保険に関する専門的なアドバイスをいたします
infomation/News
  • HOME »
  • infomation/News »
  • sekiguchi

sekiguchi

使用者にによる計画的年休制度の意義、雇用形態による不合理な待遇差の解消と説明責任

平成22年に閣議決定された年休の取得率目標は平成30年で70%とされていたが50%を切る水準で推移しており 10日以上の年休が付与されている労働者に対し年5日の年次有給休暇の確実な取得を使用者が時季を指定して取得させなけ …

生産性向上のための労務管理

労働生産性=付加価値/労働者数×労働時間(労働投入量) 付加価値=売上高-外部調達費(材料費、外注費、仕入原価) 時間当たり、1人当たりの生産性を上げる工夫をしていくことで 最近まで外部調達費はデフレ傾向であったため低く …

時間外、休日労働の罰則付き上限規制、割増賃金の見直し、5日の年次有給休暇の確実な取得等

※労基法の大幅改定 1)時間外労働の限度を原則月45時間かつ年360時間とし、特例として月100時間(休日労働を含む)未満、複数月 2~6ヶ月平均で80時間以内かつ年720時間とするこれらの法違反には罰則が科せられる。 …

成年後見制度

最近特にマスコミ等で見聞きするようになってきた制度名ですが、超高齢化に伴い日常生活のなかで正常な判断ができなくなってきたり 若い人でもそのような状態にある人たちをサポートする制度です。判断能力の差で補助人。保佐人、後見人 …

公式サイトリニューアルOPEN

関口労務管理・行政書士事務所の公式サイトがリニューアルOPENいたしました。 今後もサイト内で労務などに関する皆様に有益な情報やニュースなどを発信してまいります。 代表 関口 知彦

人事労務におけるトラブル 

労働契約形式的には、受け入れ企業と派遣企業との業務請負契約に基づいて社外労働者が社外労働者が受け入れ企業に労働力を提供していても、社外労働者と受け入れ企業との間に黙示の労働契約が成立していると認められた判例があり、当該労 …

「働き方改革」に向けた労働基準法等の改正の概要

長時間労働の抑制・年次有給有給休暇取得の促進 中小企業における月60時間超の時間外労働に対する割増賃金の見直し28年4月から月60時間を超える時間外労働に係る割増率(50%以上)について中小企業への猶予措置が採られていた …

超高齢者社会の現状と未来 

男性 女性 平均寿命 2016年 80.98歳 87.14歳 健康寿命 2013年 71.19歳 74.21歳 差(要手助け、介護) 9.02年     12.4年 長寿  アンイコール  ハッピィー ​ 認知症の不安( …

無期転換労働契約 いよいよ今年4月から施行

H25年4月以前の期間は通算されない その後有期労働契約の通算期間が5年を超えた場合 1年以上の契約場合「6ヶ月」以下 1年未満の契約の場合契約期間の半分以下の無契約期間(クーリング期間)があっても通算される 本人からの …

« 1 2 3 4
PAGETOP
Copyright © 関口労務管理事務所 All Rights Reserved.